韓国のお年玉は日帝残滓だった? 年始から嫌な気分になる日本の文化

  • 2017年01月31日
韓国のお年玉は日帝残滓だった? 年始から嫌な気分になる日本の文化

セベットン(※新年の挨拶(セベ)とお金(トン)の造語、お年玉)は私たちの伝統の風習のようですが、実際は日本から渡って来た文化であると言います。元々私たちの風習には‘ポクトン’(※福(ポク)とお金(トン)、お年玉)というものがありますが、これは大人たちが福巾着に入れてくれる物で、金額がそれほど大きくなかったと言います。

続きを読む

韓国の人気料理名の語源が日本語!?長年の論争再燃 ⇒ 2ch「くだらねぇ…」

  • 2016年06月02日
韓国の人気料理名の語源が日本語!?長年の論争再燃 ⇒ 2ch「くだらねぇ…」

「タットリタン」とは、鶏肉を野菜と共に甘からく炒め煮にした鍋料理で、韓国ではポピュラーな家庭料理。 韓国国立国語院の標準国語大辞典では、その語源は「タク(韓国語=鶏)+トリ(日本語=鶏)+タン(韓国語=湯)」と記されている。

続きを読む

日本の蔑称『 倭館 』がなぜ地名に残っているのか? その歴史を紐解くと驚きの事実が…

  • 2016年05月29日
日本の蔑称『 倭館 』がなぜ地名に残っているのか? その歴史を紐解くと驚きの事実が…

「倭館」と書いて韓国語でウェグァンと読む。韓国で「倭」は日本の蔑称だから、「日本の奴らの住むところ」といった意味だ。そんな変な言葉を地名にした町が、慶尚北道(キョンサンプクト)にある。 日本人がたくさん住んでいるわけでもないのに、どうしてそんな名前が付いたのか。倭館を訪ねた。

続きを読む

【日帝残滓】韓国政府が制服デザインを全国的に統一する方案を推進で学ランが復活? 韓国ネットは猛反発

  • 2016年03月06日
【日帝残滓】韓国政府が制服デザインを全国的に統一する方案を推進で学ランが復活? 韓国ネットは猛反発

2016年3月2日、韓国・チャンネルAによると、 韓国で40~50年前の学校制服が復活する可能性が出ている。 学校により制服デザインが異なる現在の制度は、生徒の貧富の差を生むとの指摘があるためだ。 韓国では1969年の中学校標準化政策に基づき、全国の中学・高校の制服が統一された。

続きを読む

「和式率38.6%」 老朽化した学校トイレ、政府が異例の直接予算投入で改修へ

  • 2015年11月20日
「和式率38.6%」 老朽化した学校トイレ、政府が異例の直接予算投入で改修へ

学校施設が老朽化したまま放置されていることを受け、韓国政府が改修に1000億ウォン(約106億円)の予算を投じる見通しだ。

続きを読む

韓国政府「すし」「マグロ」など水産関連の日本語を韓国語に変更へ=韓国ネット「トンカツは良いのか?」

  • 2015年10月10日
韓国政府「すし」「マグロ」など水産関連の日本語を韓国語に変更へ=韓国ネット「トンカツは良いのか?」

韓国・韓国日報によると、「すし」や「刺し身」、「マグロ」に「アナゴ」など、韓国の魚市場や刺し身店などで多く使われている日本語について、韓国政府が韓国語表現に変える方針を明らかにした。

続きを読む

日本も終戦直後奪われた土地を没収しないと!!韓国にある日本人名義の土地、韓国政府の取り戻しが本格化

  • 2015年08月13日
日本も終戦直後奪われた土地を没収しないと!!韓国にある日本人名義の土地、韓国政府の取り戻しが本格化

日本による植民地時代以降、不当な形で私有地にされた日本人名義の土地について、韓国政府による取り戻し作業が本格的に進められる。

続きを読む

【日帝残滓】 韓国で活躍中の大谷亮平、「花札」に登場するピグァンを再現 ~韓服姿のコスプレが話題に

  • 2015年06月27日
【日帝残滓】 韓国で活躍中の大谷亮平、「花札」に登場するピグァンを再現 ~韓服姿のコスプレが話題に

韓国で活躍中の日本人俳優、大谷亮平(34)が韓服姿のコスプレを披露し、話題を 呼んでいる。

続きを読む

韓国の大学生がよく使う“日本語由来”の言葉とは?“残滓清算”を主張、韓国ネット「知らなかった」「全部変えるのか?」

  • 2015年05月12日
韓国の大学生がよく使う“日本語由来”の言葉とは?“残滓清算”を主張、韓国ネット「知らなかった」「全部変えるのか?」

韓国・聯合ニュースの11日の報道によると、“韓国広報専門家”のソ・ギョンドク誠心女子大教授の研究チームと大学生サークル「生存競争」チームが共同で、大学生がよく使う日本語由来の表現を調査し、発表した。

続きを読む

韓国与党幹部「日帝が民族精気を抹殺した!」「もう一つの日帝残滓、ソウル市庁旧庁舎も撤去せよ」~キム・ウルドン議員

  • 2015年05月12日
韓国与党幹部「日帝が民族精気を抹殺した!」「もう一つの日帝残滓、ソウル市庁旧庁舎も撤去せよ」~キム・ウルドン議員

セヌリ党、金乙東(キム・ウルドン)最高委員は11日、日帝強制占領期間当時、日本の京城府庁舎として使われたソウル市の旧庁舎を撤去しなければなければならないと主張した。

続きを読む

韓国の葬儀に日本統治時代の痕跡が 韓国ネット「日本のおかげ、さもなければ3年喪中」「韓国自体が日本の痕跡だらけ…」

  • 2015年04月06日
韓国の葬儀に日本統治時代の痕跡が 韓国ネット「日本のおかげ、さもなければ3年喪中」「韓国自体が日本の痕跡だらけ…」

韓国の葬儀には、日本による35年の統治時代の痕跡が多く残されていると報じた。 これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

続きを読む

【日帝残滓】韓国の警察署、庭に植えられた日本原産の木を植え替え 韓国ネット「どれだけ日本に劣等感を…」

  • 2015年04月04日
【日帝残滓】韓国の警察署、庭に植えられた日本原産の木を植え替え 韓国ネット「どれだけ日本に劣等感を…」

2日、韓国メディアによると、慶北地方警察庁所管の蔚珍警察署の庭に植えられていた日本原産の樹木が韓国伝統の樹木に植え替えられた。

続きを読む

【元北朝鮮工作員 立命館教授】日本の韓国人に対するヘイトスピーチは日帝残滓

  • 2015年01月10日
【元北朝鮮工作員 立命館教授】日本の韓国人に対するヘイトスピーチは日帝残滓

徐勝立命館大特任教授は、韓日国交正常化50周年を迎え、9日、ソウル城北区高麗大学で開かれた国際学術シンポジウムで「韓日国交正常化 50年、過去清算の課題:在日同胞問題を中心に」というテーマでこのような内容を発表した。

続きを読む

韓国「東京駅が100周年らしい」「ソウル駅とそっくりじゃね?ソウル駅は日本の文化とか言い出すかも」

  • 2014年12月23日
韓国「東京駅が100周年らしい」「ソウル駅とそっくりじゃね?ソウル駅は日本の文化とか言い出すかも」

1914年12月20日、東京都千代田区丸の内にオープンした東京駅は、1945年の東京大空襲で建物の一部が焼失したが、2012年に復元された。現在は東京の観光名所として定着している。

続きを読む

【悪い事は日帝のせい】軍隊の内部暴力は「日帝残滓」、韓国軍は崩壊状態だ。兵役逃れが深刻化しかねない

  • 2014年08月04日
【悪い事は日帝のせい】軍隊の内部暴力は「日帝残滓」、韓国軍は崩壊状態だ。兵役逃れが深刻化しかねない

韓国軍当局はこれまで「日帝(日本帝国主義)時代の軍隊の残滓(ざんし)である殴打はほぼ根絶され、いじめも減っている」と説明していたが、実情は正反対だ。

続きを読む

韓国国立国語院、「国旗“掲揚”は日本式表現なので"吊る" “拝”が正しい」⇒「いっその事首吊れば?」

  • 2014年06月07日
韓国国立国語院、「国旗“掲揚”は日本式表現なので

あるネチズンが国立国語院のTwitterに、「国旗掲揚について質問させていただきます。軍での生活中、ケヤン(掲揚)は日本式表現なので国旗オリム(拝)と純化させて使っ ていました。どちらが正しい言葉なのでしょうか?」と質問すると、国立国語院から 回答があった。

続きを読む

とりあえず日本に来なくていいよ→【日帝残滓】韓国教育省が修学旅行を全面禁止に

  • 2014年04月22日
とりあえず日本に来なくていいよ→【日帝残滓】韓国教育省が修学旅行を全面禁止に

韓国南西部・珍島(チンド)付近で沈没したセウォル号に多くの修学旅行中の高校生が乗っていたことを受け韓国教育省は21日、全国の小・中・高校の修学旅行を1学期(3~7月)の間、全面的に禁止する措置

続きを読む

【日帝残滓】韓国の欧米式新住所表記「分かりづらい」道路名中心に不満噴出

  • 2014年01月20日
【日帝残滓】韓国の欧米式新住所表記「分かりづらい」道路名中心に不満噴出

2014年から韓国の住所表記が町(洞)名から欧米式の道路名表記に改定された。2011年から平行させてきたが国民からは分かりづらいと不満続出。住所変更は日本植民地時代の町名表記を消滅させたかったからという見方も

続きを読む

標準時の変更を与党議員が発議 日本と同じ標準時は嫌ニダ<`∀´>「国民の自尊心を回復すべき」 

  • 2013年11月22日
標準時の変更を与党議員が発議 日本と同じ標準時は嫌ニダ<`∀´>「国民の自尊心を回復すべき」 

日帝時代に日本の標準時に合わせられたのが気にくわないのか韓国与党セヌリ党の趙明哲国会議員は21日、日本の標準時と同じ韓国の標準時を韓国本来の標準時に変更することを柱とする法案を発議した「標準時に関する法」の改正案を発議した。

続きを読む