文在寅の支持者、「『THAAD』の配備は戦争リスクを増大させるだけだ」配備に反対し焼身自殺

  • 2017年09月21日
文在寅の支持者、「『THAAD』の配備は戦争リスクを増大させるだけだ」配備に反対し焼身自殺

韓国メディアの報道によると、この男性はチョ・ヨンサム氏、58歳で、19日午後にソウル市内の高層ビルで自分の体に火をつけ、その後病院に運ばれ治療を受けたが、怪我の状態が深刻で、20日午前、病院で死亡した。

続きを読む

慰安婦像、徴用工像を作り世界に拡散させるキム夫妻を直撃「取材には応じません」「日本メディアは歪曲する」

  • 2017年09月06日
慰安婦像、徴用工像を作り世界に拡散させるキム夫妻を直撃「取材には応じません」「日本メディアは歪曲する」

文在寅大統領のかけ声のもと、徴用工問題が、日韓の新たな火種になりつつある。慰安婦像同様、徴用工像の設置が韓国全土で進んでいる。両モニュメントの中心的な制作者である韓国人夫婦の存在をジャーナリスト・竹中明洋氏は早くから指摘してきた。とうとう、ソウルでその姿をとらえた。

続きを読む

【入管】挺対協代表 尹美香(ユン・ミヒャン)、日本入国の際に「目的は何か 観光に来たのか」調査受ける 活動家ら、似たような事例の証言相次ぐ

  • 2017年08月14日
【入管】挺対協代表 尹美香(ユン・ミヒャン)、日本入国の際に「目的は何か 観光に来たのか」調査受ける 活動家ら、似たような事例の証言相次ぐ

韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)の尹美香(ユン・ミヒャン)共同代表が日本の関西国際空港から入国途中、異例の調査を受けた後解放され、論議が起きている。

続きを読む

在韓米国大使館前で200回以上デモをしてきた平和オモニ会、これからは「逆星条旗」をかざす

  • 2017年07月17日
在韓米国大使館前で200回以上デモをしてきた平和オモニ会、これからは「逆星条旗」をかざす

2週間の韓国訪問を終えて去る10日、帰った英国の反戦平和運動家リンディス・パーシーは私たちに大事な贈り物を残した。「逆星条旗」がそれだ。リンディスはアラスカエスキモー・イヌイットらの米国に対する抵抗の連帯の意味をこめて「逆星条旗」を使い始めた。

続きを読む

【在韓米大使館】韓国デモ隊www「NO THAAD NO TRUMP」(THAADが無ければトランプじゃない)

  • 2017年06月25日
【在韓米大使館】韓国デモ隊www「NO THAAD  NO TRUMP」(THAADが無ければトランプじゃない)

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領が、来週、アメリカを訪問するのを前に、アメリカの迎撃ミサイルシステムTHAADの韓国への配備に反対する市民らがソウル中心部で大規模な集会を開き、アメリカ大使館を取り囲んで抗議しました。

続きを読む

【ウィーン条約】在韓米大使館付近でTHAAD反対デモ 市民団体「休日の集会は集会禁止法に当たらない」⇒裁判所「20分間認める」 

  • 2017年06月24日
【ウィーン条約】在韓米大使館付近でTHAAD反対デモ 市民団体「休日の集会は集会禁止法に当たらない」⇒裁判所「20分間認める」 

アメリカの高高度迎撃ミサイルシステム「THAAD」の韓国配備に反対する、市民団体の集会が24日、ソウルで開かれます。 サード配備に反対する市民団体「サード阻止全国行動」は、24日午後3時から、ソウル中心部にあるアメリカ大使館付近で集会のあと、午後6時から大使館を一周するデモ行進を行う計画です。

続きを読む

挺対協の尹美香共同代表が来日 日韓に新たな「慰安婦」財団を設立 「世界の性暴力被害者と連帯」 日本バッシング激化の可能性

  • 2017年06月11日
挺対協の尹美香共同代表が来日 日韓に新たな「慰安婦」財団を設立 「世界の性暴力被害者と連帯」 日本バッシング激化の可能性

尹代表は2015年12月の慰安婦問題をめぐる日韓合意後、新たな財団設立を企図し、今月9日、「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶財団(正義記憶財団)」を設立、国連人権委員会の認可が下りたとして、尹氏は常任理事に就任。

続きを読む

韓国の市民団体「日本は戦犯国家だから、国際条約に違反することはありえない」と強弁。慰安婦像の横に『徴用工の像』計画

  • 2017年04月29日
韓国の市民団体「日本は戦犯国家だから、国際条約に違反することはありえない」と強弁。慰安婦像の横に『徴用工の像』計画

韓国の市民団体は28日、ソウルの日本大使館前や、釜山の総領事館前の慰安婦像の横など、国内3カ所に「徴用工」の像を設置する計画を明らかにした。 「徴用工」は、日本の植民地時代に朝鮮半島から徴用された労働者で、「強制徴用」されたとする韓国人や遺族が、日本企業を相手取って損害賠償請求訴訟を起こしている。

続きを読む

韓国市民団体「8月15日までにソウルに強制徴用労働者像設置」

  • 2017年04月07日
韓国市民団体「8月15日までにソウルに強制徴用労働者像設置」

市民団体「労働者ギョレハナ」等は6日、ソウル龍山(ヨンサン)駅広場で記者会見を行い、このように明らかにした。ギョレハナはこの日から強制徴用労働者像の建設予定日である8月15日まで、毎日1人デモなどの宣伝活動を行う計画だ。

続きを読む

【韓国大統領選】期待の反日戦士出馬宣言キタ━━━━━!!5年前、日本大使館にトラックで突っ込んだ真性テロリストwww

  • 2017年03月28日
【韓国大統領選】期待の反日戦士出馬宣言キタ━━━━━!!5年前、日本大使館にトラックで突っ込んだ真性テロリストwww

約5年前「日本大使館突進」事件で有名なキム・チャングン(68)救国実践国民聨合執行委員長が来る5月9日に予定された第19代大統領選挙出馬を宣言した。キム委員長は去る25日、安重根義士殉国107周年を記念してソウル中学洞日本大使館前で記者会見を行って「来る5月にある第19代大統領選挙に出馬することにした」と発表した。

続きを読む

【日韓合意】韓国 挺身隊など、慰安婦合意の破棄を要求・・・「政府が法的拘束力は無いと認定した」

  • 2017年03月19日
【日韓合意】韓国 挺身隊など、慰安婦合意の破棄を要求・・・「政府が法的拘束力は無いと認定した」

韓国挺身隊問題対策協議会(以下、挺対協)などの市民団体が、政府が2015年に日本と締結したいわゆる『日本軍慰安婦合意』破棄を求めた。挺対協と日本軍性奴隷制問題解決の為の正義記憶財団は17日に声明を出し、「韓国政府は2015年に締結した韓日合意の法的拘束力は無いと公式に回答した」

続きを読む

【韓国】今日の歴史(3月5日)リッパート駐韓米国大使が韓国人の男に顔などを切りつけられ重傷負った日

  • 2017年03月05日
【韓国】今日の歴史(3月5日)リッパート駐韓米国大使が韓国人の男に顔などを切りつけられ重傷負った日

1920年:朝鮮日報創刊 1953年:北朝鮮が朴憲永(パク・ホンヨン)副首相兼外相を反逆者として粛清 2015年:リッパート駐韓米国大使、韓国人の男に顔などを切りつけられ重傷負う

続きを読む

文在寅次期大統領候補「韓国の米と北朝鮮の鉱物資源を交換してWin-Winの関係を築こう!」⇒国連北朝鮮制裁決議に違反w

  • 2017年02月26日
文在寅次期大統領候補「韓国の米と北朝鮮の鉱物資源を交換してWin-Winの関係を築こう!」⇒国連北朝鮮制裁決議に違反w

韓国の最大野党「共に民主党」の前代表で、現在次の大統領選挙で最有力候補とされる文在寅(ムン・ジェイン)氏が22日「韓国の米と北朝鮮のレアアースなどの鉱物資源を交換しよう」と発言したことについて、与党はもちろん野党からも批判の声が上がった。

続きを読む

【北朝鮮】韓国首都圏(ソウル周辺)で対南ビラ相次ぎ発見

  • 2017年02月19日
【北朝鮮】韓国首都圏(ソウル周辺)で対南ビラ相次ぎ発見

汝矣島に続き蚕室でも…韓国首都圏で対南ビラ相次ぎ発見 ソウル・汝矣島(ヨイド)一帯で15日に対南宣伝用ビラ数十枚が発見されたのに続き、18日午前にソウル・蚕室(チャムシル)一帯でも対南ビラが発見された。

続きを読む

朴槿恵糾弾ろうそく集会にゲイ人権運動団体「チングサイ(友達同士)」の合唱団公演など多様な市民の声で「ろうそくはさらに熱く燃えあがる 」

  • 2017年02月18日
朴槿恵糾弾ろうそく集会にゲイ人権運動団体「チングサイ(友達同士)」の合唱団公演など多様な市民の声で「ろうそくはさらに熱く燃えあがる 」

イ・ジェヨン拘束・弾劾引き延ばし失敗のニュース以降、初めての週末ゲイ合唱団公演など多様な市民の声響かせる 朴大統領の弾劾や拘束を求める市民たちによって、光化門広場に建てられた胸像の主人公たちがほとんど拘束され、朴大統領だけが一人残った

続きを読む

挺対協 事務方トップに在日3世の梁路子氏「在日同胞の立場で韓日両国の間にある問題を解決」

  • 2017年02月16日
挺対協 事務方トップに在日3世の梁路子氏「在日同胞の立場で韓日両国の間にある問題を解決」

旧日本軍の慰安婦被害者を支援する団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)の新たな事務方トップに在日韓国人3世が任命され、注目が集まっている。挺対協はこのほど開かれた2017年の定期総会で今年から活動する新事務処長に総務チーム長を務める梁路子(ヤン・ノジャ)氏を任命したと明らかにした。

続きを読む

【釜山日本総領事館前】「少女像を傷つけないで」 市民団体が会見

  • 2017年02月13日
【釜山日本総領事館前】「少女像を傷つけないで」 市民団体が会見

韓国の市民団体「少女像を守る釜山市民行動」は13日、記者会見を開き、釜山の日本総領事館前の歩道に設置された旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像について「市民の力で建てられた少女像を傷つける全ての行為を直ちにやめるべきだ」と主張した。

続きを読む

【韓国】「生命と平和を無視!」「言葉だけの友邦。糾弾する!」会場は拍手喝采…ろうそくデモの矛先、ついに米国へ

  • 2017年02月09日
【韓国】「生命と平和を無視!」「言葉だけの友邦。糾弾する!」会場は拍手喝采…ろうそくデモの矛先、ついに米国へ

在ソウル日本大使館といえば道一つ挟んだ向かいの歩道に「慰安婦像」があって、それを囲むようにした反日デモが毎週行われている。海外安全情報として現地在住や渡航の日本人が注意を促されることでも知られ、各国大使館の中で恐らくこれほど韓国人から脅威を受けている所はないと思っていた。

続きを読む

釜山「慰安婦像」設置女子大生を直撃 彼女が設置理由を語る

  • 2017年02月03日
釜山「慰安婦像」設置女子大生を直撃 彼女が設置理由を語る

釜山の日本総領事館前に置かれた「少女像」が、融和に向かいつつあった日韓を再び引き離そうとしている。政府や自治体の制止を振り払って像設置を進めたのは、釜山の学生団体である。 代表は、22歳の女子大生。その真意を訊くべく、ジャーナリスト・織田重明氏が釜山に赴き、渦中のキーマンに直撃した。

続きを読む

韓国の市民団体、今度は780万人に達する強制動員の悲劇的歴史を伝える「強制徴用労働者像」設置推進へ 今年8月に設置計画

  • 2017年02月02日
韓国の市民団体、今度は780万人に達する強制動員の悲劇的歴史を伝える「強制徴用労働者像」設置推進へ 今年8月に設置計画

仁川(インテョン)の65の市民社会団体からなる「強制徴用労働者像建設推進委員会」は1日、発足記者会見を開き、 「ことし8月、冨平(プピョン)公園にある平和の少女像の近くに2~3人の労働者を表現した群像を設置する」と明らかにした。

続きを読む