【東京新聞】ヒトラー政権のナチスドイツと安倍政権の日本はそっくり

  • 2017年05月27日
【東京新聞】ヒトラー政権のナチスドイツと安倍政権の日本はそっくり

日本人の五輪好きを意識してか、安倍政権は東京五輪を日本の「生まれ変わり」の機会とし、改憲をはじめ、共謀罪法案、福島原発事故の決着などと結びつけている。五輪憲章は大会の政治利用を禁じている。これはナチス政権がベルリン五輪(一九三六年)を「国威発揚」に利用したことで、一段と強調された。

続きを読む

琉球新報 社説「共謀罪、なにがテロ対策だ!印象操作やめろ!その先にあるのは独裁国家だ」

  • 2017年05月24日
琉球新報 社説「共謀罪、なにがテロ対策だ!印象操作やめろ!その先にあるのは独裁国家だ」

衆院は、犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」法案を本会議で強行採決し、自民、公明両党と日本維新の会の賛成多数で可決した。 法案は内心の自由を侵害し、憲法が保障する思想の自由に抵触する。捜査機関が団体や市民生活を常に監視し、取り締まりの対象とするため表現の自由、集会・結社の自由に重大な影響を与える。

続きを読む

【パヨク悲報】沖縄「第3の県紙」八重山日報 報道に新風 発刊から1カ月余で購読申し込み殺到

  • 2017年05月22日
【パヨク悲報】沖縄「第3の県紙」八重山日報 報道に新風 発刊から1カ月余で購読申し込み殺到

沖縄県石垣島を拠点とする日刊紙「八重山日報」が沖縄本島版の発行を始めて2カ月近くになる。「反米」「反基地」「反自衛隊」路線を貫く「沖縄タイムス」「琉球新報」の2紙が君臨する沖縄にあって、「中立公正な報道の実現」を掲げる“第3の県紙”は硬直化する報道姿勢に風穴を開けた。

続きを読む

【琉球新報】「共謀罪、戦争可能に」白充(ペクチュン)弁護士、講演で指摘

  • 2017年05月21日
【琉球新報】「共謀罪、戦争可能に」白充(ペクチュン)弁護士、講演で指摘

大宜味村憲法九条を守る会(平良啓子会長)は20日、塩屋公民館で憲法講演会を開き、弁護士の白充(ペクチュン)さんが「『共謀罪』法案について」と題して講演した。白さんは「法案の狙いは(政権への)異論、異色の排除だ」と指摘、「国民の無個性化を進め政府に物申せない社会にする。最終目的は戦争ができる国だ」などと語った。

続きを読む

【沖縄タイムス】「共謀罪」法案、沖縄県民100人に聞きました

  • 2017年05月21日
【沖縄タイムス】「共謀罪」法案、沖縄県民100人に聞きました

衆院法務委員会で19日に可決された「共謀罪」法案を県民はどう考えるのか。沖縄タイムス社が県内各地の18歳から90歳までの計100人に実施した聞き取り調査で、法案の賛否について48人が「反対」と回答した。「賛成」は18人だった。

続きを読む

【いいの?】琉球新報「共謀罪反対!衆院解散して国民に信を問え」

  • 2017年05月20日
【いいの?】琉球新報「共謀罪反対!衆院解散して国民に信を問え」

犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」法案が衆院法務委員会で強行採決され、与党や日本維新の会の賛成多数で可決された。 捜査機関が団体や市民生活のあらゆる分野を常時監視し、取り締まりの対象とする監視社会を招く恐れがある。

続きを読む

【沖タイ】迷彩服でカムフラージュした反基地おばさん「米兵です」⇒ 警察「よし通れ!」画策かwww

  • 2017年05月19日
【沖タイ】迷彩服でカムフラージュした反基地おばさん「米兵です」⇒ 警察「よし通れ!」画策かwww

名護市辺野古の新基地建設などに対する市民らの抗議行動で、国が違法性を指摘する際の根拠に挙げるのが刑事特別法だ。 第9条「制服を不当に着用する罪」には米軍の制服や似せた服を着た者を処罰するとあるが、現場では米兵のような迷彩柄の服を着る市民もいる。

続きを読む

【東京新聞 社説w】共謀罪、違法な反政府活動をする人々が対象になる可能性はないか 心配だ

  • 2017年05月18日
【東京新聞 社説w】共謀罪、違法な反政府活動をする人々が対象になる可能性はないか 心配だ

「共謀罪」の審議がヤマ場を迎えつつある。国際組織犯罪防止条約の締結のためなら現行法のままで十分だ。テロ防止を掲げる法案の狙いが反政府の活動などの監視なら、あまりに危険だ。 国連の条約はマフィア対策のために各国が手を結ぼうという趣旨である。

続きを読む

【東京新聞・佐藤圭】添田充啓さんのインタビュー記事を掲載 「反差別の人間が反基地…狙われた」「沖縄へのいじめ、関心向けて」

  • 2017年05月13日
【東京新聞・佐藤圭】添田充啓さんのインタビュー記事を掲載 「反差別の人間が反基地…狙われた」「沖縄へのいじめ、関心向けて」

高江ヘリパッド抗議中に逮捕され、半年以上も勾留された添田充啓さんのインタビュー記事を本日13日の東京新聞特報面に掲載しました。反ヘイトのリーダーとしても知られる添田さん。見出しは「反差別の人間が反基地…狙われた」「沖縄へのいじめ、関心向けて」。

続きを読む

辺野古のプロ土人「帰れ!車ごとひっくり返すぞ!」沖タイ「市民が運転手を説得していますww」

  • 2017年05月11日
辺野古のプロ土人「帰れ!車ごとひっくり返すぞ!」沖タイ「市民が運転手を説得していますww」

琉球新報が沖縄タイムスか知らんけど、プレスの腕章してる奴が、ヘラヘラ笑いながら写真写しやがるし! ろくな奴らじゃねぇわ!

続きを読む

北京沖縄県人会 翁長知事を囲み四川料理と会話楽しむ 知事「実は辛いもの好き」

  • 2017年04月25日
北京沖縄県人会 翁長知事を囲み四川料理と会話楽しむ 知事「実は辛いもの好き」

北京の沖縄県人会は11日、北京を訪問中の翁長雄志沖縄県知事を囲んだ昼食会を市内で開き、学生や社会人、家族連れなど県人会メンバー十数人が集まった。知事と円卓で食事を楽しみながら、参加者それぞれが北京での仕事や留学の内容を紹介したほか、沖縄に関連した将来の計画を披露。

続きを読む

【沖縄タイムス】自民「チーム沖縄」県政奪還へ弾み 知事「オール沖縄」3連敗で苦境「ただ、工事が進む中で民意が変化する可能性も」

  • 2017年04月24日
【沖縄タイムス】自民「チーム沖縄」県政奪還へ弾み 知事「オール沖縄」3連敗で苦境「ただ、工事が進む中で民意が変化する可能性も」

2018年の知事選の前哨戦と位置付けられたうるま市長選は自民が公明と推薦した島袋俊夫氏が当選した。自民は1月の宮古島、2月浦添に続く市長選3連勝を県政奪還の足掛かりとしたい考えだ。翁長雄志知事ら「オール沖縄」勢力にとって3連敗は痛手

続きを読む

沖縄旅行中に早産で大ピンチの台湾女性に1200万円の寄付金集まる 余剰は沖縄県に寄付

  • 2017年04月22日
沖縄旅行中に早産で大ピンチの台湾女性に1200万円の寄付金集まる 余剰は沖縄県に寄付

妊娠約6カ月の台湾人女性(20)が沖縄旅行中の3月30日に県内で早産したという本紙報道を受け、出産などにかかる医療費支援を呼び掛けた県内在住の台湾出身者でつくる「琉球華僑総会」(張本光輝会長)には21日までに支援金が続々と寄せられた。

続きを読む

沖タイ「小学校正門前に米軍車両。子どもの安全がー」

  • 2017年04月22日
沖タイ「小学校正門前に米軍車両。子どもの安全がー」

 沖縄県嘉手納小学校正門前の道路に19日午前7時20分ごろ、米海兵隊の大型車両が決められたルートを外れて進入した。片側1車線で行き止まりの道。学校関係者が迂回(うかい)を指示し、何度も切り返してUターンした。

続きを読む

【元SEALDsに朗報】沖縄タイムス2018年度社員募集!!学歴不問←ココ重要

  • 2017年04月18日
【元SEALDsに朗報】沖縄タイムス2018年度社員募集!!学歴不問←ココ重要

沖縄タイムス社 ▽職種 総合職…記者、営業、企画事業、技術(IT・WEB)、総務 ▽選考方法 書類審査通過者に5月24日までに一次(筆記)試験の受験票を送付します。一次試験は6月3日(土)に那覇と東京で実施します。

続きを読む

【朗報】「八重山日報」沖縄本島進出、購読申し込み殺到でうれしい悲鳴…「第3の地元紙」登場は半世紀ぶり 県民は極左2紙に辟易

  • 2017年04月18日
【朗報】「八重山日報」沖縄本島進出、購読申し込み殺到でうれしい悲鳴…「第3の地元紙」登場は半世紀ぶり 県民は極左2紙に辟易

八重山日報が4月から沖縄本島に進出し、朝刊の配達を始めた。本島では「沖縄タイムス」と「琉球新報」が100%近いと言われるシェアを誇っているが、「第3の地元紙」が登場するのは半世紀ぶりである。

続きを読む

【琉球新報】米軍特殊部隊支援船、那覇軍港に寄港 軍港監視のプロ「今まで見たこと無い・・・」

  • 2017年04月12日
【琉球新報】米軍特殊部隊支援船、那覇軍港に寄港 軍港監視のプロ「今まで見たこと無い・・・」

米軍事海上輸送軍所属の潜水艦や特殊部隊の支援船「C・チャンピオン」が9日、那覇軍港に寄港し、10日に出港した。 6日に韓国・釜山から沖縄に向かった。朝鮮半島情勢を巡り米政府による北朝鮮への軍事力行使が取り沙汰される中、C・チャンピオンの動きは米軍特殊部隊と関連している可能性もある。

続きを読む

【共同通信】地方紙の社説がどこも異常www 愛媛新聞「駐韓大使帰任、判断の甘さ猛省すべき。譲歩引き出せず、拳下ろすタイミング失い外交空白つくった」

  • 2017年04月09日
【共同通信】地方紙の社説がどこも異常www 愛媛新聞「駐韓大使帰任、判断の甘さ猛省すべき。譲歩引き出せず、拳下ろすタイミング失い外交空白つくった」

韓国・釜山に設置された慰安婦少女像への対抗措置として、1月から一時帰国していた長嶺安政・駐韓大使と森本康敬・釜山総領事が帰任した。5月の大統領選後に発足する新政権との関係構築を優先させるためだ。3カ月近くに及んだ異常事態がようやく解消された。

続きを読む

【北海道新聞/社説】駐韓大使帰任、当然であり遅すぎる。「出口」を考えず強硬姿勢を取る日本政府の対応に疑問符

  • 2017年04月05日
【北海道新聞/社説】駐韓大使帰任、当然であり遅すぎる。「出口」を考えず強硬姿勢を取る日本政府の対応に疑問符

日本に一時帰国していた長嶺安政駐韓大使がきのう帰任した。3カ月近くに及んだ一時帰国は韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦少女像が建てられたことへの対抗措置だったが、像の撤去は実現のめどが全く立っていない。

続きを読む

【しばき隊】拘留中の自称暴力団 男組・添田氏「権力がネトウヨ化している」沖縄タイムス記者と面会

  • 2017年04月03日
【しばき隊】拘留中の自称暴力団 男組・添田氏「権力がネトウヨ化している」沖縄タイムス記者と面会

李信恵さんがリツイート チェブ夫@shunichitakano 5時間前 今朝の沖縄タイムスに、もう勾留が半年になる、添田充啓さんのインタビューが掲載されました。 「本土でも沖縄でも、差別やいじめは許さない。人として当たり前のことをしてきただけです」

続きを読む