【中央日報】「韓国のブランド価値、経済規模に比べて低評価」

  • 2017年05月30日
【中央日報】「韓国のブランド価値、経済規模に比べて低評価」

29日、韓国貿易協会国際貿易研究院が発表した「主要国の国家ブランド向上政策と示唆点」で、「韓国のブランド価値は2015年基準で1兆920億ドル(現レートで約121兆4800億円)に達するが、GDPに対するブランド価値比率は76%で、経済規模に比べて低評価されている状況」と分析した。

続きを読む

【悲報】テレビ朝日、GDP成長率5期連続プラスのニュースで、民主党時代のマイナスを隠す

  • 2017年05月19日
【悲報】テレビ朝日、GDP成長率5期連続プラスのニュースで、民主党時代のマイナスを隠す

内閣府が発表した今年1月から3月期の実質GDPは、5四半期連続のプラス成長になりました。5期連続は小泉政権時の2006年以来、11年ぶりです。しかし、この好調さを実感できない人が多いかもしれません。なぜなのでしょうか。

続きを読む

韓国の消費支出額が史上初のマイナス、長期不況に陥る恐れ

  • 2017年04月23日
韓国の消費支出額が史上初のマイナス、長期不況に陥る恐れ

造船・海運業界に端を発する昨年からの「雇用寒波」が家計所得も襲った。家計の所得停滞が過去最悪の消費低迷を生んでいるのだ。 経済成長の成果が家計ではなく企業に集中、家計は過剰債務に陥って消費余力が底を尽き、「家計に端を発する消費の落ち込み」が今後さらに深刻化する見通しだ。

続きを読む

【中国報復】 韓国GDP成長率、2017年は2・6%に低下か

  • 2017年04月15日
【中国報復】 韓国GDP成長率、2017年は2・6%に低下か

韓国銀行(中央銀行)は13日、2017年の国内総生産(GDP)成長率が、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に反対する中国の報復的な措置の影響で0・2ポイント低下するとの見通しを発表した。雇用も約2万5千人減少するという。

続きを読む

韓国の地下経済規模124兆ウォン…GDP比8%

  • 2017年02月19日
韓国の地下経済規模124兆ウォン…GDP比8%

韓国の地下経済規模が国内総生産(GDP)比8%という国策研究機関の分析が出てきた。韓国租税財政研究院が17日に出した報告書「所得税タックスギャップ(Tax Gap)および地下経済規模推定」でだ。

続きを読む

【中国経済】GDP「3四半期連続同成長率」に操作疑惑…海外メディア指摘に新華社「偶然だ」と反論

  • 2016年11月02日
【中国経済】GDP「3四半期連続同成長率」に操作疑惑…海外メディア指摘に新華社「偶然だ」と反論

中国の実質成長率が3四半期連続で同じ水準にとどまったことに海外から疑問の声が相次ぎ、中国国営メディアが反論する事態に発展している。中国国家統計局が10月19日に発表した今年7~9月期の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比6.7%増となり、成長率が1~3月期、4~6月期とまったく同じだったためで、論争を呼んでいる。

続きを読む

河野太郎 「移民受け入れ検討を」名目GDP600兆円達成手段の一つとして

  • 2015年11月08日
河野太郎 「移民受け入れ検討を」名目GDP600兆円達成手段の一つとして

河野太郎行政改革担当相は7日、沖縄県名護市で開かれた国際会議で、 安倍政権が目標とする「名目GDP(国内総生産)600兆円」達成のための手段の一つとして、 移民の受け入れを検討すべきだとの考えを表明した。

続きを読む

「残される道は構造改革のみ」韓国のGDP成長率が「超低迷」・・・「崖っぷち」のギリシャにも及ばず

  • 2015年08月29日
 「残される道は構造改革のみ」韓国のGDP成長率が「超低迷」・・・「崖っぷち」のギリシャにも及ばず

韓国の2015年4-6月期の国内総生産(GDP)の成長率が 前期比0.3%増にとどまったことに対し、「欧州の財政危機に直面している国より低かった」と伝え、韓国は経済対策として打てる手はすでに打ち尽くしているのが現状であると論じた。

続きを読む

韓国のGDPの18%を支えるサムスン電子の営業利益の67%を支えるスマホの出荷台数がいきなり24%減少、売上高18.3%の大激減

  • 2014年01月09日
韓国のGDPの18%を支えるサムスン電子の営業利益の67%を支えるスマホの出荷台数がいきなり24%減少、売上高18.3%の大激減

韓国紙「朝鮮日報」によれば報道によると、サムスン電子 2013年第3四半期に韓国企業で初めて達成した10兆ウォンの営業利益は8兆ウォンに転落した。サムスン電子の業績不振は売上高の60%、利益の67%を占めるIT・モバイル事業部の減益が最大の要因とされる。

続きを読む